こんなふうに、「私とあなたが共通認識を持つもの」が、the で導かれるんです。
人を殺しちゃいけないというルールの存在理由として、「殺す自由と殺されない安全の等価交換」という以上に端的な説明を今までみたことがない
被害者と加害者の文体がとても似ているのが気になります。句読点の使い方とかそっくり。

先日も、ある進学校の高校一年生と艦コレの話をした。「何が面白いんだ?」と聞いたら、「性質の違う艦船を工夫して闘うところ」という。

「どの艦船が好きなんだ?」と聞いたら、「なんとかかんとか」と言って、その艦船の属性を、延々と説明してくれたのだけど、当然わからない。それで、「艦コレの課金システムについてどう思う?」と聞くと、「基本的に、課金が発生しなくても遊べるようになっているところがいい」と言う。

「じゃあ、君が運営側だとして、どうやって儲けるんだい?」と聞くと、「艦コレは、アプリ自体では儲けないで、艦コレの世界観をまずは広めて、そこからグッズなどの関連商品で儲けようとしているんだと思う」と答えた。「じゃあ、アプリの課金は全然ないのか?」と聞くと、「いや、ある」と言う。

「艦船を修理する時、デフォルトは2つのスロット? しかないんだけど、お金を払うと、4つのスロット?を使えるようになる」(彼の使用言語が専門的過ぎて、正確に再現できているかどうかわからない)とか、説明してくれた。高校一年生にして、システムやビジネスモデルをよく把握している。

「ところで、学校の勉強はどうなんだ?」と聞くと、「もうちょっとがんばらなくちゃいけない」と言う。「数学や英語は得意なんだけど、歴史の暗記物が苦手」だと言う。それで、ぼくは、「そうか」と言って、暗記物の対処法を少し彼に伝授したのだけれども、ううむと考え込んでしまった。

「艦コレ」にせよ、何にせよ、何かに興味を持ったら、それを手がかりに、その周辺の歴史や、物語、プログラミング、システム構築、ビジネスモデルについて学ぶというのは立派な「プロジェクト型学習」だと思う。そこから、未来のビルゲイツやスティーヴジョブズが出てくる可能性は大いにある。

ところが、学校のカリキュラム型学習がそれと相容れない。特に、大学入試という現実が、プロジェクト型学習の妨げになる。一つの方向にとんがった学生を大学側が入学させるだけのノウハウと処理能力があればいいが、すぐには難しそうだ。「艦コレ」に凝った彼は、学校の暗記学習との狭間にいる。

>天皇は1945年8月15日に「休戦調書」で、無条件降伏と共に

「日本は、無条件降伏などしていません」

そもそも、ポツダム宣言は講和条約ではありません。
講和条約(平和条約)とは戦争状態を終結させる条約ですが、これは損害賠償・領土問題など戦争に関わる全てを取り決める条約です。
日本の場合、連合国との講和条約(平和条約)は1951年の「サンフランシスコ講和条約」です。
ポツダム宣言は、「対日戦争」において連合国の首脳(米・英・露・中)が取り決めた「日本との戦争を終わらせる条件」です。

そして、日本国は、ポツダム宣言に署名したのではありません。
休戦協定(降伏文書)に署名したのです。
ttp://list.room.ne.jp/~lawtext/1945Surrender.html
ttp://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/01/021shoshi.html
<続く>
31.おーるじゃんるな名無しさん2014年07月31日 16:16 ID:fSHgsbZ90▼このコメントに返信
<続き>
昭和20年9月2日のミズーリ号上での調印は、休戦協定を意味します。
ttp://e-ooita.com/art/blog/sigemitu/sigemitu%20(7).jpg
ttp://sidenkai21.cocot.jp/Shigemitsu.jpg
ttp://sidenkai21.cocot.jp/tyouinbunshyo.jpg
ttp://jp.youtube.com/watch?v=QlXGpzijjlU

【重要】
降伏文書には、条件の一つとしてポツダム宣言も書かれておりますし、
それ以外の条件も書かれております。
この文章は、「国家の代表者」と「軍の代表者」がそれぞれ署名しておりまして、
国家と国家の契約文書なんです。
戦勝国といえども契約を遵守する義務が生じるのです。
契約が成立したのは昭和20年9月2日です。

よって、日本国は”有条件降伏”をしたのです。(無条件降伏というのはデマです。)

そして、一旦休戦してから、サンフランシスコ会議にて、戦争を終わらせるための講和条約が作られます。
もちろん、その講和が受け入れられない場合は、戦争の再開と言うことになります。
そして、日本はこれを受け入れました。
<続く>
32.おーるじゃんるな名無しさん2014年07月31日 16:16 ID:fSHgsbZ90▼このコメントに返信
<続き>

■【平和条約】■
サンフランシスコ平和条約を締結して戦争を法的に終了しました。
ttp://list.room.ne.jp/~lawtext/1952T005.html
第五章 請求権及び財産
第十四条【賠償、在外財産】
(b)……..連合国の請求権を放棄する。

日本と交戦した中華民国とは、日華平和条約を締結して法的に戦争を終了しました。

ttp://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/1952042…
日華平和条約議定書
(b)中華民国は、日本国民に対する寛厚と善意の表徴として、サン・フランシスコ条約第十四条(a)1に基き日本国が提供すべき役務の利益を自発的に放棄する。
ttp://www.kcn.ne.jp/~ca001/E31.htm

つまり、日本は“戦勝国”の決めた「講和条約」により沖縄を返還されていますが、
その戦勝国には中華人民共和国は、当たり前ですが入っていません。
中華人民共和国は日本とは戦っていませんし、まだ国も存在すらしていませんから。
日本國の主権が回復したのです。(4月28日は、主権回復の日)
しかしさ、今さらな話なんだろうけど、「塩村 ビッチ」でツイート検索かけるとね、良識とか知性とか日本人とか人間とか、とにかくいろんなものに絶望できますな。間接民主制において代議士は国民の鏡であるわけだけど、そら鏡だろうよと吐き気をもよおす言説で溢れています。ここからなんだよなあ
始まりってなんでもすばらしい。太ももの付け根もそのすばらしいものの一つだ
ペペロンチーノは、にんにくと赤唐辛子をオリーブオイルで熱し、茹でたパスタを絡めただけの、ごくシンプルな料理。パスタの基本中の基本と言っていいだろう。普通、パスタのレシピ本といえば、オイル系、トマトソース系、クリームソース系、ミートソース系、冷製……などと、さまざまなバリエーションを紹介するものがほとんどだと思う。しかし本書の著書・土屋敦は、それとは真逆のベクトルに突っ走る。そうして完成したのが「たったひとつの料理に14万字を費やした世界一長いレシピ本」――つまり本書は、まるまる1冊、ペペロンチーノについて「だけ」書かれた、じつに偏執狂的なレシピ本なのである。

ぺペロンチーノは、チーズやアンチョビといった、パスタ料理によく使われる旨みやコクを出す食材を一切使わない。「書斎派パスタ求道者」を自称する土屋は、ぺペロンチーノを「食材を最低限にしぼり込んだうえで、味をどこまで極めていくか。いわば『引き算』の料理」と定義付ける。求道者にふさわしく、ひじょうにストイックな料理だと言える。しかし一方で、どこででも簡単に手に入る食材を使って、安価に、短時間で調理できるため、初心者にもハードルが低く、パスタの入門編という側面もある。

なんにせよ、材料もごくわずか、作る行程も数行で説明できる料理で1冊もつのか?という疑念が生じるかもしれない。しかし、それは杞憂である。通読して分かるのは、読み物としての体裁を整えるために「新書1冊にまとめた」のが本書であり、実際にはこれを遥かに越えるトライアルアンドエラーがあったということ。さらに、時間や紙幅の制限さえなければ、さらに延々と実験を繰り返していたに違いなく、新書1冊どころか、長編小説1冊分くらい軽くいっていたかもしれないのだ。
昨日、渋谷を歩いていたら、居酒屋の客引きのお兄さんが、「この近くに、決してあなどれないダイニングバーがあるんですけど、いかがですか?」と声をかけられて、思わず続きを聞きたくなってしまった。

140:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/08(火) 00:03:22.67 ID:Oeuk5KjQ0
営業っつっても、超大手に数年足運んでついに仕事取ってきたとか
達成感があったりもするが、ストレスも多くて俺には向いてないw
残業が多かろうが、ただ機械動かしてる現場の人間になりたい・・・
社内の始末書なんて楽なもんだし、

客 「だから何で不良品出るんだよ!!!」
俺 「申し訳ございません!!!」
客 「この前気をつけるって言ったよな!?」
俺 「はい。しかし100%防ぐことはどうしても難しく・・・」
客 「じゃあ出るのかよ!?」
俺 「出るか、出ないかで言えば、出る可能性がございます」
客 「何で出るんだよ!!!!」
俺 「機械的にどうしても難しい部分が・・・」
客 「じゃあ、その難しい部分を何とかしろよ!!!!!」
俺 「技術的に難しく・・・・」
客 「じゃあお前の所じゃ不良品でるのかよ!!!!」

こんなん1時間とかやらないで済むし・・・
お薬飲んでそろそろ寝るわwww

142:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/08(火) 00:04:47.54 ID:jexnvxMs0

»140
ろくでもない製品を売ってるお前の会社と、
そんなものを押しつけている営業のお前が悪い

148:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/08(火) 00:08:38.60 ID:5TJ2Ea1BP
»142
不良品が出ない機械なんて無いぞ。検品こそが機械の要。
確かに出荷時ベースで99.9999999%不良品排除することはできるけど、
むちゃくちゃカネがかかる。ロス率あげていいなら安くできるけど

154:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/08(火) 00:10:54.05 ID:Oeuk5KjQ0
»142
»140
のやりとり、1枚5円以下のビニール袋10万枚納品した内3枚ほどに
袋正面の右下ボールペンの先で突っついた位の小さい点 . ←マジでこれ位の大きさ
こんな感じのインク汚れが付いてたんだよ
こんなの出すなって言うなら、検品の人数増やすしか無いだろうが
人一人で1時間に100枚チェックできないぞ?こんな検品してたら
時給800円の人間がチェックしたら1枚8円だぞ?売価5円の袋に対して
13円で買ってくれるなら検品するが

最近こんな感じのマジキチクレーム多いんだよ
ノットカスっつて、木のパルプのカスが紙に入ってる事があるんだが
紙の中に糸くずが入ってる!!!! とか平気で言ってくる
過剰品質要求しすぎなんだよ・・・

と言う事で今度こそ消える